よくあるひじの痛みについて

小池 洋志

医療法人 小池クリニック 理事長

www.koike-clinic.jp/

よくあるひじの痛みについて

こんにちは、みなさん。小池クリニック院長 小池です。
今回はひじの痛みについてお話してみます。


 ビジネスマンに増える?『テニスひじ』

 

読者のみなさんの中には、テニスなどをしている方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方は『テニスひじ』という名前を聞いたことがあるかもしれませんね。

 

でもこれ、別にテニスや激しいスポーツをしている方だけがなる症状ではないんですよ。

 

日頃お仕事をしている中でも、資料で重たくなったカバンを持つ、書類や備品を運ぶといった
“力仕事”はつきもの。女性の場合、家に帰れば子どもの抱っこやゴミ出し、重い鍋を使った
調理といった作業もしています。

最近ではパソコンを長期間使い続けた結果、手首に負担が蓄積して発症することも多いようです。

 

特に運動をしたわけでもないのに、前腕をねじったり手の関節を伸ばしたりする時に、ひじに痛みがはしったことはありませんか?

 

ひじの外側から前腕にかけて痛むなら、前腕の筋肉を疲労性に傷めている可能性があります。
雑巾を絞る時などにもみられるこの痛みは、上腕骨外上か炎と言われています。
これが一般的にテニスひじと呼ばれるものです。

 


 なぜ、テニスひじになるの?

 

 

使いすぎが原因との報告もありますが、多くの場合、原因がわかっていないというのが実態なんです。病態についても十分わかっておりませんが、手首を上(手のひら側)に反るための筋肉(伸筋といいます)が障害されると言われています。

 

私の考えでは、肩関節周囲の筋肉の硬い人が腕を使いすぎることでひじに痛みが起こりやすくなるのではないかと思っています。

 

治療は患部側の肩から手首にかけてのリハビリ治療とシップ、痛み止めの内服薬を使用します。
それでも治らない場合はひじの伸筋の部分に局所麻酔剤入りのステロイド注射をします。
リハビリに関しては特に肩甲骨周囲の筋肉を柔軟にすることが非常に有効です。
みなさんもひじに突然痛みを感じたらいつでもご相談 下さい

”才色兼備”一覧へ