”才色兼備”講座

賢く生きる女性のための金融知識

水谷 圭一

米田会計事務所

賢く生きる女性のための金融知識

it-vol12-14-1

 

 カンタンに貯蓄が増える方法!
が、あればよいのですが、なかなかそんな方法は見当たりませんよね。

 

で、節約する!って思っても、実際なにをどうすればいいの?

ということがわからず、「とりあえずガマンする!」っていう方もいらっしゃるのでは?

 

今回は、『成果を上げる貯蓄術』として、節約して貯蓄する時の家計の見直し手順と、実際にその手順で見直しを行ったご家庭の事例をご紹介いたします。

 

it-vol12-14-2

 

 

この手順で見直しを行ったあるご家庭の事例をご紹介いたします。

 

このご家庭は、年間の貯蓄もあまりできていない状態でした。

 


 ① 将来の計画を立てる。

 

お子様も2人いて、このままで行けば、子どもの教育費が増加する頃にたいへんなことになることが理解できました。

 

 

 ② 家計を見直す。

 

月々130,000円のファミリータイプの賃貸にお住まいでしたので、思い切って中古のマンションを購入しました。

また、奥さんも働いていただき、月々80,000円の貯蓄増加になりました。

そして、年間貯蓄額を1,000,000円に設定しました。

 

 

 ③ 見直しにより節約されたお金を積立預金などで貯蓄する。

 

月々85,000円を1年間の積立定期預金にすることにしました。

 

 

 ④ 毎年1回定期的に見直す。

 

積立を始めた時期が8月でしたので、年1回お盆休みに見直しをしています。

このご家庭は、見直しをしてから3年近くが経ちますが、貯蓄額も年間1,000,000円を達成されているようです。

1年前には、運用も始めており、貯蓄ができる家計になったことを喜んでいただいています。

 

 

この記事を見てやってみようと思った方は、是非、身近なことから始めてください。

”才色兼備”一覧へ