vol10 春野  恵子
PROFILE

浪曲師 春野 恵子

東京都出身。「進ぬ!電波少年」「電波少年的東大一直線」家庭教師・ケイコ先生としてデビュー。ドラマやCM出演。2003年、上方の女流第一人者 二代目春野百合子に弟子入りし、大阪に移り住み修業を重ねる。 2006年初舞台。浪曲師として定期公演するほか、他ジャンルの演芸・伝統芸能との企画や、舞台への出演。 大阪市が未来の大阪文化を担う人材に対して贈る「咲くやこの花賞」大衆芸能部門受賞。

やりたいことを一生辞めないこと
やりたいことを一生辞めない

 小学校の頃から時代劇とミュージカルの両方が好きで、歌を歌ったりお芝居をしたりっていうのを仕事にしていきたいと思っていたんですね。
ところが電波少年で、実力とは別に自分の名前と顔とか出てしまったじゃないですか。私はタレントとしてテレビに出たいという気持ちはなく、東大卒とか言われてテレビに出るのが嫌だったんですね。
自分の足で一歩一歩着実に生きていきたいな」という想いがあったので、早く辞めたかったんです。そんな風に悩んでいた時に、母から行ってらっしゃいと言われて、姉が留学してたニューヨークに行きました。だれも自分のことを知らないニューヨークの町にパワーをもらいました。

やりたいことを一生辞めない

そこからほどなく落語に出会ったんですね。春風亭昇太師匠と出会い、落語っていうモノを聞きに行ってみようかな?と思って聞きに行ったらすごい衝撃を受けたんです。一歩一歩修業を積み重ねて、だれからも奪われることのない実力を身につけるということや、師匠と弟子っていう関係性にも憧れました。それから落語~講談~浪曲と聞いて。
浪曲に出会ったときは、時代劇・ミュージカルと、私がやりたいと思っていたところが全部入ってて「よくぞこんな芸能があってくれた!」って思いました。

どんなに下手でも辞めない

20代後半でテレビとかドラマにも出てたのに浪曲師になろうなんて、周りからも無謀だと思われてたかもしれませんが、自分の中では「ちゃんとゼロから始めたい」という気持ちが強かったんです。だから弟子入りした時には、やっと本当の意味で自分の人生がゼロからはじまるな、って思えました。ただただ自分のやりたいことを追い求めていて、浪曲にやっと出会えた。だから、とにかくがんばってどんなに下手でも一生辞めないということだけを決めてやってます。本当に低い志です。ただただ辞めないだけ(笑)。
母からは、「女の子だから結婚しなさい、子供を産みなさい」というより「経済的に自立しなさい」って言われてきました。なんだかんだ言って、まだ女性が仕事することに関してやっぱりやりにくい部分があると思うんですね。男性の人よりもいろんな選択肢があって。周りの人の生き方も気になるだろうし、あれもいいな、これもいいなってなるだろうし。人それぞれだと思うんですけど、基本的には「一度っきりの人生なので、自分がやりたいと思ったらやった方がいい」と思います。

浪曲を未来に繋いでいきたい

数年前に福山雅治さんとバッタリお会いした時に「今、落語やってるんだよね」とか言われて、イヤイヤ浪曲ですけど(笑)・・・と思いながらも、「浪曲をやってるんです、マイナー好きなもんで」と言うと、「恵子さんが浪曲をメジャーにできるように頑張ってください」って言ってくださって。
私はマイナーなものはマイナーなまま行けばいいくらいで思ってたんですけど、同時に浪曲の未来がどうなっていくのかなっていう不安な想いもすごくあって。でも「浪曲をメジャーにする」なんて思いもしてませんでした。だからそんなふうにポンと言われたのは大きかったですね。
江戸時代末期・明治初めくらいからの歴史の中で、今後の浪曲ってどうなっていくかわからないですけど、今の時代を担うものとして「浪曲を将来に繋いでいきたい」「浪曲をできるだけたくさんの方に知っていただきたい」っていうのが私のブレない軸になっています。

今も昔も変わらない女性のココロを語る

浪曲には、時代設定は昔であっても、男女の情愛を描くような恋愛ものですとか、今のみなさんにも共感してもらえるような部分があります。たとえばどんなに好きだと言われてもどうしても相手の気持ちを疑ってしまうような女性のココロとか。そういったものというのは、昔も今も変わらない気持ちだと思うので、そういうものを語らせてもらっています。新作浪曲『平成女事情』では、アラサーアラフォー女性が生き方に悩むっていう新作があるんですが、みんな共感してくれるし、「それ、私がいつも言ってるセリフだわ~」みたいな。なんの準備もいらないし、ただ一人芝居、一人ミュージカルを見るつもりで来ていただければいいんじゃないかな、と思います。
浪曲を初めて観るという方は、7月13日の会とかが初心者向けでいいかもしれませんね。
8月末には浪曲だけでなく、近い世界を広げていくためにもお芝居や音楽のジャンルの方とコラボした舞台の主演をさせていただきます。生き方に悩んでいる女性の方に見に来ていただきたいです。

店舗情報
咲くやこの花コレクション
世界に飛翔く浪曲師・春野恵子in道頓堀
7月13日(日)
【会場】 道頓堀ZAZA HOUSE
【開催時間】 15:00〜 ※会場14:30
【料金】 ・前売り2,500円 ・当日券2,800円※全席指定
【出演】 春野恵子 一風亭初月[曲師]
【内容】 初心者から外国人まで楽しめる浪曲レクチャー/英語浪曲/
    浪曲「樽屋おせん」三ヶ国語(英語・中国語・韓国語)字幕付上演

お問い合わせ

【咲くやこの花賞受賞者等支援事業実行委員会事務局(i・ディレクションズ内) 浪曲係
TEL.06-6372-6707 FAX.06-6372-3691 平日10:00-17:30
http://www.sakuya-konohana.com

DOORプロデュース②『女子芸人』
原作 神田茜『女子芸人』 新潮社刊
8月22日(金)〜8月24日(日)
【会場】 インディペンデントシアター1st(in→dependent theatre)
【開催時間】
8/22(金) 19:30
8/23(土) 14:00/18:00
8/24(日) 13:00/17:00
【料金】 ・一般前売り3,000円 ・原作本つき前売券 4,000円※ご予約のみ ・当日券3,500円

お問い合わせ

DOOR公式ホームページ http://tobirawoakeru.jimdo.com/
メール door.kangekihotline@gmail.com