vol15 岡山 栄子
PROFILE

有限会社re-make 代表取締役
一般社団法人yuragist協会 理事
岡山 栄子

植物のチカラで、一人でも多くの方々へ真の健康生活を送っていただくことを目指し、自然療法サロンの経営、自然療法のセラピストの育成、本当に安全なケア用品の開発などに取り組んでいます。また、介護や社会福祉など、家族や友人、地域の人たちの健康サポートに役立つ知識や技術を身につけたyuragist(ゆらぎすと)を養成し、広く活動していただく環境づくりを行っています。
http://yuragist.com/

街中に保健室を!
Yuragistというお仕事

 これからのココロとカラダの健康を考えると、エステやリラクゼーションサロンといった脱日常なことだけでなく、自分自身が知識や判断力、ケアの仕方を学び、家庭の中で日常的に手当てができるようになることが必要です。そうなれば、家族のコミュニケーションも取れるし、予防にもつながります。そのために個人が自立してできるセルフケア・健康サポートに役立つ知識や技術を教えています。それを、介護や社会福祉など、家族や友人、地域の人たちにも広めていく人材がyuragist(ゆらぎすと)です。医療関係、美容関係の方はもちろん、いろんな職業の方がyuragistとして活躍すれば、ご自身も周りの方も元気にすることができます。とくに、高齢者介護の現場で働く人たちは、離職率も高く、現場でがんばりすぎて肉体的にも精神的にも酷使されていてご自身でうまくケアできていない方が多いので、こういう手当ての仕方もあるんだっていうことを知ってもらいたいと思っています。

街の保健室

 学校にはかならずあった保健室。ちょっと調子が悪かったら、まずはとりあえず保健室に行って、そこから病院に行くとか、家に帰って休むとか。でも、社会に出るとそういった保健室的な存在がないですよね。
働く女性って、とくに家庭もありながら働いていたりするとなかなか時間が取れません。女性の場合、どうしても40代くらいからは女性特有の体調の変化もでてきます。どこにいいお医者さんがいるのかとか調べてもわからないし、時間もありません。そこにいけば症状に応じて必要なドクターを紹介してくれるコンシェルジュ的な存在があれば、自分で抱え込んでしまわずに済みますよね。でもそういうところってあるようでないんです。だから女性のための保健室的な存在を増やしたいと思っています。

街の保健室・

 そのために、保健室の先生的な役割を担う、『ホリスティックyuragist』の育成に力を入れています。東洋医学とセラピーの分野を融合させたセルフケアを学び、ドクターともネットワークをつくっておいて、症状に応じてつないでいく人材です。
その街の保健室の第1号となるサロンを四ツ橋に開設しています。
そこでは、プライバシーも安心のワンベッド、完全個室で温灸鍼・深層リンパケア・五感ケア・リンパトレナージュといった施術も受けられますし、セルフケアの仕方の伝授や、状況に応じて自然療法に理解のあるドクターにつないでいくこともしています。まさに保健室の役割ですから、いつでも相談しにきてくださいね!

女性の一歩目、社会の一歩目

女性って、30代は子育てに追われ、40代にやっと自分の時間が取れると思ったら今度は親の介護。その後に社会復帰したいと思ってもなかなか難しいんです。女性が元気になれば社会が明るくなると思うんですが、それには手段がいるんですよね。ココロで思ってもカラダがしんどかったら一歩目が出ないし、カラダは元気でも気持ち的に自信がなかったらこれも一歩目が出ないし。私たちはyuragistの育成を通じて、あなた自身の人生の経験や知識、手のぬくもりが社会に活かされるということを感じ、人に喜ばれるということの喜びを感じていただきたいと思います。そしてひとりひとりのちょっとした一歩目が、大きな輪となって、助け合える社会になっていけばいいなと思っています。

おすすめ

お問い合わせ先

ゆらぎスタイル 北堀江店 ※岡山栄子のフェイスブックでも情報配信中!
■大阪市西区北堀江1-1-27 イマイビル6階(地下鉄四ツ橋駅3番出口すぐ)■TEL:06-6541-8778
■定休日:不定■ゆらぎカレッジ10:00〜17:00(ボディケア 完全予約制)